広告


……同じアジア人なのに「K-POP」歌ってる女性アーティストって!!


完璧なプロポーション、一糸乱れぬダンスパフォーマンス、思わず身体が動いてしまうノリのいいリズム。


もう完全な「外人さん」です! いや、外人さんなのは当たり前なのですが……

ヒップホップ


さて「K-POP」と「J-POP」、どちらも「ポップミュージック」

ポップスといえば、本場はアメリカ

それぞれの評価は、海外ではどのようになっているのでしょう。どちらが有名? ちょっと気になります。

また、同じアジア圏の日本と韓国(大韓民国)、アジアでの評判は?


「K-POP」と「J-POP」の比較、違い等を含め、世界から見た2つの「ポップス」についてまとめてみました。


音楽は個人の趣味が好き嫌いを分けるものですが、それぞれの音楽がどのように評価されているのか、それ以前にどんな音楽なのか、も気になるところ。


「K-POP」「J-POP」それぞれの特徴や魅力を知れば、また違った聞き方ができるかもしれません。

皆さまの音楽ライフのお供に、少しでも参考となれば幸いです!!


広告

「K‐POP」と「J-POP」は何が違う?


「コリアン・ポップス」と「ジャパニーズ・ポップス」といいつつも、影響を受けた音楽は「J-POP」では洋楽のロックやフォークソング。「K-POP」はアメリカのヒップホップやダンスミュージック、また1990年代のJ-POPから、と言われています。


確かに楽曲としては、そんな感じが伝わってきますね。


実際「K-POP」を日本市場に広めた「リ・スマンさん」という方は、アメリカでヒップホップに出会い、感銘を受け帰国しています。

「K-POP」には、同じメロディーと歌詞を繰り返す「フックソング」と呼ばれる特徴的なものがあります。 歌詞よりも耳に残る「リズム重視」です。

韓国語と相性のいいラップも、色々な曲で使われていますね。テクノやトランス系が主流です。


逆に「J-POP」では、日本人好みの「メロディー重視」

もともと「J-POP」とは1988年に「J-WAVE」から生まれた言葉です。


当時流していた洋楽の合間に流してもリスナーが違和感を抱かないような邦楽、という位置づけで「サザンオールスターズ」や「ユーミン」「山下達郎」「大滝詠一」さんたちの曲をそう呼んだのが始まりです。

メロディーを重視しつつ洋楽に混じっても違和感なし、というのはなかなかすごいです。


ちなみにその時「歌謡曲」とされたのは「チャゲアス」「アリス」「長渕剛」さんたち。

……それらを分けたものは、彼ら自身の青春時代に洋楽が近しいものだったか、のようです(私にはその違いがはっきりとはわかりません。すみません、J-WAVEさん)。


そして、ここも大きな違いポイント。


「K-POP」は、もう国を挙げての国策のようなものとなっています。


優秀な人材を子どものうちから政府が探し出し「歌・ダンス・英語・日本語・中国語」を教え、国際的に通用するアーティストとして育て上げているのです。

一つのグループが世に出るまでには平均で3~5年、一日に10時間以上のレッスンを受けるそうです。


「K-POP」には気合が入っている、と言われるのにも納得ですね。


一方の日本は「J-POP」というジャンルで世界へ! というよりも、それぞれのアーティストごとに独自の音楽として個々に活躍の場を国内や国外に求めていく、といった姿勢が伺えます。音楽は音楽で、国単位でのものというわけではないのです。


楽曲から力の入り具合まで、何かと違う2つの「ポップス」、では続いてそれぞれの特徴等を見ていってみましょう。

「K-POP」ってどんな音楽?


繰り返される歌詞、耳に残るリズム、テクノ系の打ち込み音、そして実際にダンスパフォーマンスを繰り広げているのは、一日に10時間以上のレッスンを何年も受けた、かっこいい男性とセクシーな女性。国策、すごいです!

もはや「洋楽」にしか聞こえません(私には。そして割と多くの人たちにも)。

マイナーなコードでのテクノやトランス系は、日本人にはかなり斬新、新鮮に聞こえるのですね。


そして何よりも「見せる音楽」である「K-POP」。

圧倒されるようなかっこよさのダンスは、サビ部分を覚えやすく誰もが踊れるような振り付けにする、などサービス精神溢れたものとなっています。

曲自体のノリの良さも相まって「中毒性あり!」などとよく言われていますね。納得です。


始めは「J-POPアーティスト」として売り出した「BoA」、当時放送中のドラマにより「韓国ってかっこいい」の風潮を受け「東方神起」、2012年には「KARA」「少女時代」がデビュー、何かと話題を呼んだ「PSK」などなど。


韓国の国際戦略には力があります。あっという間にグローバルに展開していきました。


パフォーマンス力の高さには定評があります。

戦略としては、女性グループはあくまでセクシー路線で、男性グループでは、徴兵制もあるため、期間限定で短期間に一気に売り出したい、といった感じ。

やはり、視線は世界です。

「J-POP」はこんな音楽!


さて「J-POPの全盛期」といわれる1990年代ですが、この時期はバブルが翳りを見せ始め、そしてついには崩壊した時期でもあります。

90年代を前期・中期・後期、と分けて見てみますと、

    ◎前期: バブルに翳りは見え始めるものの、まだ実感なし
      →「踊るポンポコリン」や「ラブ・ストーリーは突然に」など、国民的アニメやトレンディドラマの主題歌のような、バブル期の陽気さ満載の曲調が受け入れられていました。

    ◎中期: バブルの崩壊を薄々感づき始めた頃
      →「小室ファミリー」の全盛期でもありました。何となく肌で感じ始めた「バブルが終わる……」といった不安感を払拭するような、勢いのあるリズム・サビを持つ音楽が求められてきます。

    ◎後期: ついにバブルの崩壊
      → こうなると国民が望むのは、安心して親しめる音楽でした。SMAPやKinki Kidsなどのジャニーズ系が、お茶の間の人気者に。また、確かな歌唱力、独自のセンスを持った音楽への関心も高まり「宇多田ヒカル」「椎名林檎」などが登場、ブームとなったのもこの頃です。

♦エレファントカシマシ「今宵の月のように」


このように、その時代時代の背景に合わせて「流行」する楽曲、音楽の傾向が変化しているのがおわかりいただけるかと思います。


J-POPはどちらかといいますと「こういうもの」というより「この時代を彩った音楽」といった位置づけで、その時代ごとに国民に受け入れられ、国民を励ました音楽、なのです。


そして現在では、後期の流れを受け継ぎ、ジャニーズ系やAKB48 などのアイドル系がJ-POP界を引き立てている、といった感じでしょうか。もちろん他のJ-POPアーティストの皆さんも頑張ってくれていますが、残念ながら、バブルの推移期のような「今はコレ」といった明確さはありません。

今の日本の現状が落ち着いたものであることを示しているのかもしれませんね。

世界から見た「K-POP」「J-POP」はこんな感じ!


国全体で世界に送り出しグローバル展開を目指す「K-POP」、その時代に必要とされ、国民を励ます音楽でもあった「J-POP」。

何となく土俵が違っている気もしますが、やはり気になるのは海外の反応です。


アジア圏と欧米とを分けて、見ていってみましょう。

★アジア圏で人気・評価が高いのは?


これもやはり個人の趣味の問題なので言い切ることもできないのですが、音楽としての評価が高いのは「J-POP」のようです。

ただし「アイドル」としての人気では「K-POP」の勝利。


その他、

  • 音楽づくりに拘っているのが「J-POP」、見せ方に拘っているのが「K-POP」
  • 「K-POP」アーティストは「憧れ」の存在。格好いい。「J-POP」アーティストは爽やかで愛嬌がある。幼いのが売りなの?
  • 歌、ダンスとも完成度が高いのは「K-POP」の方。「J-POP」は下手さも含めて応援しながら一緒に育てていく感じ。
  • 「K-POP」は、みんな同じに聞こえる。パフォーマンスをしている人たちの頑張りはすごい! でもプロデュース側がワンパターンでもったいない。
  • 「J-POP」はファッションも何となく古く感じる。「K-POP」はアメリカのヒップホップっぽくってかっこいい!
  • 「K-POP」は日本のアニメソングと洋楽のミックスのようで個性がない。「J-POP」はポップでかわいい!
  • 90年代の「J-POP」はよかったなぁ(過去形……)。

などなどの意見もあります。


「K-POP」のかっこよさは認めるけど、個性がない。「J-POP」は決してうまくはないけど、そこも愛嬌でいい。


といったところでしょうか。

皆さん、なかなか厳しいですね……

★欧米での人気・評価は?


ポップスの本場、欧米での反応は、残念ながら「K-POP」「J-POP」共に、それほどでも……です。


特に「J-POP」という括りで進出を図っていない「J-POPアーティスト」の場合、個人では知られてはいるもののその言葉自体には「?」ということも多いようです。

    ◎「K-POP」
  • 「K-POP」のアメリカ進出を喜んでいるのは、アメリカ在住のアジア系女子だけかも。子供のころからアメリカンポップスを聞いてきた若者たちにはあまり受けないみたい。
  • 英語はうまい! 音楽性も好きな人は好きだと思う。
  • 「K-POP」は韓流ドラマのイメージ。かっこいいと思う。
  •   →「K-POP」の「洋楽っぽさ」が、逆に仇(あだ)となってしまっているようですね。本場からすれば、似てるけど全然違う、となりちょっと白けてしまうのかもしれません。でも、反対意見も結構多く、評価は分かれているようです。

    ◎「J-POP」
  • アーティストとしての方向性が「J-POP」アーティストと欧米アーティストでは違いすぎる。
  • 日本のアイドルって、音楽の才能よりイメージを売ってない? 大体、アイドルって卒業するものじゃないでしょ。
  • 日本の「かわいさ」がこちらの基準と違う。
  • 言葉が……どうしても馴染めない。
  • こちらでの知名度がなさ過ぎて、盛り上がらない。
  • 声量のなさが、せっかくいい歌でもダメにしてる。
  • かわいい男の子女の子ではなく、男らしい男性と、セクシーな女性がこちらでは人気者になるんだ。
  • 「J-POP」って聞くと、どうしてもアニメと結びつけちゃう。

広告

「K-POP」と「J-POP」を比較! 有名なのはどっち?


頑張れば頑張るだけ評価が上がる、売れる、というわけでもなさそうですね。大変な世界です。


ではここでもう一度「K-POP」「J-POP」それぞれの特徴等をまとめてみましょう。

影響を受けている音楽は?

  • K-POP: アメリカのヒップホップやダンスミュージック
  • J-POP: 洋楽のロックやフォークソング

音楽の特徴は?

  • K-POP: 同じメロディーと歌詞を繰り返しで、耳に残るリズム重視。韓国語と相性のいいラップも多用
  • J-POP: どちらかといえば日本人の好みに合わせた「メロディー」重視

楽曲以外の特徴は?

  • K-POP: ダンス・歌ともに完成度の高さには自信あり。アーティストたちは日本語・英語・中国語も話せるよう勉強しています。容姿やスタイルにもこだわりありです!
  • J-POP: そんなに完璧じゃないですが、ファンの皆さんと一緒に成長していければいいなぁ、と思っています。爽やかで愛嬌のあるかわいらしさが売りかも。よろしくお願いします~!

世界を見てる?

  • K-POP:  ものすごい見てます! 見据えています!! そのための努力も惜しみません。国全体で応援してます!
  • J-POP: 一応見てはいるのですが……個々のグループや個人で進出を目指してもらってます。心の中ではみんな応援してます、ちゃんとこっそり。

その「世界」からの反応は?

    ◎アジア圏
  • 「アイドル」なら「見せ方にこだわるK-POP」、「音楽づくり」なら「J-POP」。
  • 「K-POP」はパフォーマンスは頑張ってるのはわかるのだけど、プロデュース側の引き出しのなさが残念。みんな同じ曲に聞こえちゃう。「J-POP」は、完璧じゃないところが、逆に応援したくなるポイントかも。

  • ◎欧米
  • 「K-POP」の洋楽っぽさは、小さいころからアメリカンポップスに馴染んでるこちらでは、あんまりウケないかも。
  • 「J-POP」って、変わったことをするって印象がある。
  • 「K-POP」は英語で歌うけど、歌詞に中途半端に英語を入れてる「J-POP」は好きになれない。
  • 日本のアイドルは、欧米では支持されないと思う。「かわいさ・かっこよさ」の基準が違うから。
  • 「K-POP」はドラマ、「J-POP」はアニメのイメージが強い。

熱狂的なアジアファン、アニメファンを除き、欧米ではそれほどどちらも注目されていないのかもしれませんね。アジア圏の方が「K-POP」「J-POP」ともにリスナーは多そうです。

広告

終わりに……


どちらの評価の方が高いか、といえば……うーん「K-POP」の方かもしれません。国全体で海外進出のための応援をしているので、国家戦略的な売り込みに力の入れ方もすごいです。


一方の「J-POP」は、海外で活躍するのはあくまでその個人やグループの目標であり、国全体で、といった感じではありません。国内に向けた目線が強いのです。このことも大きな違いの一つですね。


「K-POPアーティスト」「J-POPアーティスト」としてではなく、一人(または1グループ)のアーティストとして海外で評価を受けている方々も、たくさんいます。


素敵な音楽なら「K-POP」でも「J-POP」でも「洋楽」でも「ジャズ」でも(「演歌」でも……)、これからもジャンジャン届けてほしいです。


いい音楽との出会いがありますよう、祈っております!


広告