広告


「御仏前」と「御霊前」……
弔問にはどちらを持って伺えばいいんだっけ?
どのくらいの金額だったら失礼に当たらず、しかも相手に負担をかけないで済むの?


線香

家族や知人、ご不幸はないに越したことはありませんが、大切な人の最期のお見送り、失礼のないよう、悔いが残らないよう、いざという時のマナーについて解説いたします。

「御仏前」「御霊前」の違い、そしてちょっと下世話と思われるかもしれませんが、お香典の相場を知っておくことも大事なことの一つですね。


気持ちのこもっていることが一番のご供養ですが、よろしければその際のマナーについて、ご参考にしていただければ、と思います。


広告

御仏前と御霊前の違いを超簡単に


お供えするのは「仏様となった故人」へか、まだ「霊魂としての存在の故人」へか。 違いはここです。


仏教では、人は亡くなると「意生身(いしょうしん)」という姿の見えない存在となり、この世での垢を落として仏様になるための身支度をする、と言われています。その身支度にかかる期間が四十九日

ポイントは「四十九日」です。

四十九日の法要が終われば、亡くなった方は「仏様」になるのですね。

それまでは「意生身」、つまり霊魂としての存在です。

ですから「御仏前」とは仏様となった四十九日以降、「御霊前」はそれ以前、まだ霊魂のまま、仏様になる準備をしている四十九日までの間、と使い分ける必要があるわけなのです。


神式、キリスト教ではまた違いも出てきますが、まずは「仏式」での違いを見ていってみましょう。

御仏前とは?


四十九日の納骨・法要が終わると、故人は「仏様」となります。

「御仏前」 = 「仏様となった故人への供養の品を金品で代用させてもらったもの」です。

四十九日以降の一周忌や三回忌等の法事にはこの「御仏前」が使われます。

御霊前とは?


お通夜や告別式(葬儀)に参列する場合はこちらの「御霊前」です。

「仏様となった故人」を供養するのではなく、納骨前の、故人との本当に最期のお別れの場ですね。


仕事上のお付き合いであったり、お知り合い、またはご近所の方が亡くなった場合、お通夜などにはいかれると思いますが、なかなか一周忌、三回忌等の法要にご参加される機会はないかと思います。

ですので「御霊前」は、お身内以外のご不幸での弔問の際に使われるもの、お葬式やお通夜に持参するもの、とお考えいただいて、まず間違いはないかと思います。


「御仏前」と同じく、お香やお花を金品に変えてお供えするものです。

広告

御仏前と御霊前の詳しい違いを解説


不祝儀袋の表書きとしての「御仏前」「御霊前」、どちらも「お香典」を、お供えする時期によって呼び分けたものです。

ご近所でご不幸があり、これからお通夜に行ってきます……


◇大人なら知っておくべきお葬式のマナー4つ | マナー


この場合は「御霊前」です。


日時や場所を確かめ、通夜の始まる10分前には会場に着いているようにしてください。


お通夜、告別式なら「御霊前」はたいていの場で使えますが、仏式では唯一「浄土真宗」のみNGです。

浄土真宗では人は亡くなるとすぐに仏様になる、との教えがあるため、すべて「御仏前」になります。


念のため、宗派も確認しておくと安心ですね。


表書きは「御香典」「御香料」としても構いません。

不祝儀袋の水引は、白黒・双銀・紫銀などの結び切りやあわじ結びのものなどが一般的です。


上段には「御仏前」、下段にはフルネームをお書きください。

ご遺族に直接手渡すのではなく、受付があればそちらに、または祭壇にお供えするのがマナーです。

今年は親しかった友だちの新盆。招いていただいたので久しぶりに会ってきます……


「新盆(にいぼん)」は「あらぼん」や「しんぼん」「初盆(はつぼん)」などと呼ばれることもあります。

四十九日が済んだあと、故人を迎える初めてのお盆のことです。

普段より、丁寧にお迎えするお盆となります。

四十九日法要で既に「仏様」となっている故人にお供えするものなので「御仏前」ですね。

お菓子や果物、また贈答用のお線香などの品物に「供物」の熨斗(のし)をつけ、「御仏前」と一緒に持参しましょう。


表書きの書き方は御霊前の時と同じ。上段に「御仏前」、下段にはフルネームです。

水引は白黒のものよりも、藍銀・双銀・白銀・白黄などの結び切りのものが多く使われます。

どうしてもお通夜に出られません……


大丈夫です。弔電を打ちましょう。
遅くとも告別式には間に合うように手配してください。NTTの115で受け付けています(午前8時~午後10時まで)。

お通夜や告別式がご自宅で行われているならご自宅の住所に、どこか会場を借りて行われているようなら、その会場の住所を、喪主もしくは「故〇〇〇〇(故人のフルネーム)様 ご遺族様」が宛先となります。


お香典は現金書留で。「御霊前」と書いた不祝儀袋を中に入れ、なるべく早く送ってあげてください。


その際には、お悔やみの言葉を書いたお手紙を添えるのもお忘れなく。

不祝儀袋の表書き、仏式以外では?


亡くなった方の宗派や宗教によっては、お葬式やお通夜の様式が変わってきます。

不祝儀袋もそれに合わせたものを使いましょう。


お通夜・告別式に参列される前に、故人の宗教や宗派は前もって把握しておいてください。

  • 仏教: 御霊前(ただし「浄土真宗」のみNG。「御霊前」はなく、どちらも「御仏前」で / 御仏前
  • 神道: 御玉串料や御神前(ご葬儀の時の「御霊前」はOK。ただし、蓮のもようのついたものは「仏式」のものとなるので避けてください / 御仏前はNGです(神様なので)。
  • キリスト教: 御花料(人は亡くなると霊魂となり神に召される、という教えなので「御霊前」はOKです)。

供養の気持ちをお盆に伝えたいんです!


了解しました!

むかしむかしのお話です


あるところに「目連」さんという人がいました。

大切なお母さまを亡くし悲しんでいるところへ、さらに悲しい知らせが届きます。お母様が死後の世界で餓鬼道に陥り、苦しんでいる、というのです。

お釈迦様の弟子でもあった目連さんは、何とか救う方法を、と教えを請いました。


お釈迦様曰く「お布施や供養を、僧侶や多くの人たちに施しなさい」……



その甲斐あって、目連さんのお母様は極楽浄土へ行くことができました。

「目連さんが功徳を施した」その日、7月15日は、「先祖供養の大切な日」とされ、それがお盆(正式には「盂蘭盆・うらぼん」 = 古代インド語の「ウラバンナ」の当て字)の由来となっています。

こうして始まった「お盆」の風習ですが、供養のためのお線香やお花、その代わりに金品でお供えするのがいわゆる「お香典」です。

ところで、どうしてお線香? お香典の「香」って?


先ほど書きました「意生身」仏様になるための準備期間の四十九日間香りだけを食して(「食香・じっこう」と呼ばれます)過ごされるそうです。


ですからいい香りのお線香やお花をお供えするのですね。


お香典の「香」とは、この「香り」のこと。金品をもってこの代わりとするので、「御霊前」「御仏前」が「お香典」としてお供えされるというわけです。


その「お香典(「御霊前・御仏前」)」ですが、実際相場ってどのくらいなの?


やはり気になります。なかなか聞きづらいのですが……


でも実際、相場を知っておくことも大事なことですね。


お盆だけでなく、お通夜・告別式での「御霊前」、一周忌など法事での「御仏前」も含め、以下、あくまで「相場」ですが場面ごとに挙げていってみます。

☆大雑把にまとめると、
  • 会社関係: 3千円~1万円
  • 遺族関係: 3万円~10万円
  • その他の親戚等: 1万円~3万円
  • 両親: 10万円以上も
☆細かく書けば、

◎御霊前 / 御仏前
  • 上司(ご本人): 5千円~1万円以上(この差は、お供えする側の年齢の差です) / 千円~5千円
       (ご家族): 3千円~1万円
  • 同僚や部下など(ご本人): 5千円~1万円以上 / 千円~5千円
            (ご家族): 3千円~1万円
△取引先の重役や担当者など、会社(社長)名で出す場合は、まずは上司等に相談し、指示を仰いでください。 

  • 友人: 5千円~1万円 / 2千円~1万円 → 友だち同士で出し合うことも多いようです
  • 恩師、先生: 3千円~1万円 / 2千円~1万円 → 「友人」の場合と同じく、出し合うことも
  • 隣人など: 3千円~1万円 / 2千円~1万円
  • 仲人: 1万円~ / 2千円~1万円

→ お通夜や告別式への参列はよくあることですが、会社関係や隣人、友人等で法事にまで招かれるのはよっぽど深い付き合いがあった場合のみです。「御仏前」の出番はあまりないもの、とお考えいただいて問題ないかと思います。

  • 祖父母: 1万円~5万円 / 3千円~3万円
  • 親: 3万円~10万円以上 / 1万円~10万円
  • 義理の親: 3万円~10万円以上 / 1万円~10万円
  • 兄弟: 3万円~5万円 / 1万円~5万円
  • 叔父(伯父)、叔母(伯母): 1万円~3万円 / 3千円~3万円

◎新盆 (四十九日を済ませた故人を初めてお迎えするお盆。普段のお盆より丁寧に迎えます)
  • 親族: 1万円~2万円
  • 友人: 5千円~1万円
→ こちらは「御仏前」となります。宗派等分からず不安があれば「お香典」の表書きでお供えください。

お菓子や果物、贈答用のお線香を添えるとなおいいです。

◎お彼岸

お彼岸では「新盆」のような「初めてだから」という特別な違いはありません。
お供え物と一緒に3千円~5千円が相場となっています。

また、お供え物のみ、御仏前のみでも構いません。

◎金額のマナー
  • 4や9は避けてください
  • 千円単位なら「1,3,5千円」、1万単位では「1,3,5,10万円」など切りのいい数字で
  • 不祝儀の場合は慶事に比べ控えめな金額をお供えするのもマナーです。少なすぎても失礼に当たりますが、多すぎればお相手の負担も増えます。お返しの手間もかかりますし、何よりご家族を亡くした方に却って気を使わせてしまう、という本末転倒なことにもなりかねません。

相場はあくまで相場です。
お住まいの地域やご家庭でのルールがあれば、そちらを優先してくださいね。


広告

終わりに…


亡くなった方を悼むお通夜告別式、四十九日が過ぎた後も、色々な思い出や懐かしい姿を思い浮かべ手を合わせるお盆お彼岸


絶対にこれが正しい、といったルールはありません。


あれ、これで合ってる? と思うことがあっても、ご遺族の意向が一番です。お気持ちに寄り添う臨機応変さも大事なことですね。


いかがでしたでしょう。

亡くなった方は葬儀を終え四十九日も済ませ仏様になっても、お盆、お彼岸にはちゃんと戻ってきてくれる、と考えられているのですね。


心のこもった供養でお迎えしたいものです。

「御霊前」と「御仏前」、お盆との関係やお香典の相場等、少しでもお役に立てていれば幸いです。


広告