広告


「カッターシャツってなに? え! オレの着てるのってワイシャツじゃないの?」

「あなたのはワイシャツ。だってスーツ着てるでしょ」

「あら、珍しい。襟、ボタンで留めるタイプ? 久しぶりに本物のワイシャツ見たわ~。お茶でもいかが?」

……言ってる意味が分かりません……

ワイシャツ

「カッターシャツ」と「ワイシャツ」、同じような見た目を持つ2つの「シャツ」。皆さんはどちらの名前で呼んでいますか?


どうして名称が統一されていないのか?


定義にはしっかりと違いが記されているのか?


そもそもこの2つ、別物のシャツなのか?



「?」だらけの上、「ドレスシャツ」との呼び名もある、に至っては、もうその謎はカオス的……。


ですがご心配には及びません!! 物事には大抵納得のいく答えがあるもの。

「カッターシャツ」と「ワイシャツ」、2つの違いをご解説いたします。


そうだったのか! と少しでもスッキリしていただければ幸いです!


広告

カッターシャツとワイシャツの違いを超簡単に解説


実は最大の違い、となるのはシャツの形状や色などの違いではなく、呼ぶ地域の違い。


当たり前のように「〇〇シャツ」と呼んでいたものが、お住まいの地域をちょっと外れると、実は全然違う名前で呼ばれることになるのです。


……? なんで?


本当に「なんで?」ですね。

ではそれぞれの「シャツ」、特徴や生い立ち(?)などを見ながら、その疑問を解決していきましょう!!

カッターシャツとは?定義はあるの?


英語表記では「cutter」の「カッターシャツ」。


誕生は大正7年(1918年)、ほぼ1世紀前。大昔です!

スポーツメーカーの「ミズノ」さんがスポーツ用シャツとして(ボート競技のカッター『レガッタと呼ばれるもの』のため)売り出したことが始まりです(その頃はミズノさんは『美津農』の社名でした)。商品名として、生まれたわけです。


時代を経て、スポーツ用だけにとどまらず、現在の「ワイシャツ」とほぼ同義の用途、形となるものの、その名称が今に至るまで受け継がれている、というのはやはり凄いこと。ミズノさん、さすがです!


そしてその呼び名の違いに地域性が見られることの背景には『ミズノ=美津農』の本社が大阪にあった、ということが挙げられます。

現在でも関西圏では多くの方が「カッターシャツ」をあの例のスーツなどの下に着る「サラリーマンの方の正装とも言うべきシャツ」の名称として使っています。

本社が近くにあり、より馴染み深かった、というのが「カッターシャツ」の名が浸透していった大きな要因となりました。


日露戦争の戦勝記念に売り出され、『勝った~! シャツ』などの由来などもあります。遊び心のある、楽しいエピソードですね。


ですが語源、つまり「定義」を見ると、


・ワイシャツで、襟(えり)とカフスが取り外しのできないもの。


……「ワイシャツ」、なのですね。


大阪に本社を構える「ミズノ = 美津濃」が売り出したスポーツ用シャツから始まり、特に「ワイシャツ」でも困らないけどあえて「カッターシャツ」と呼ぶ。

そのこだわりを持つものが「カッターシャツ」とも言えそうですね!

ワイシャツとは?定義はあるの?


♦出張で使える! シャツをキレイにたたむ方法 【For M公式】


「Y]の文字を当てられることの多い「ワイシャツ」。


どうして「Y]なのでしょう。


「襟(えり)をはずした時の身ごろがYの字に見えるから」


です。

……襟、普通はずしませんよ……


はい、そうなのです。


今では、ワイシャツに解体部分はないのが一般的ですが、かつては「襟とカフス」をボタンで留めるタイプのものも多くありました。


そんなワイシャツの定義ですが、

前開きで、台襟・カフス・前立てのついたシャツ

ここさえクリアしていれば「ワイシャツ」のようです。定義は広そうですね。

広告

カッターシャツとワイシャツの詳しい違いとは?


謎は少し薄まってきましたでしょうか?


では続いて、皆様が「これぞワイシャツ(もしくは「カッターシャツ」)!」と思われるものを思い浮かべつつ、2つの違いを具体的に比較していってみます。

もともとの由来は?


  • ワイシャツ: white shirt = ホワイトシャツ = 白いシャツ 
    清潔そうですね!
    → ですが、現在では「ホワイト(白)」に限らず、柄物や色付きのシャツも平気で「ワイシャツ」と呼ばれています。スーツなどの下に着るシャツが「ワイシャツ」の総称で呼ばれています。

  • カッターシャツ: 大正7(1918)年にミズノ(当時は『美津農』さん)が売り出した、スポーツ用のシャツ。現在では主に関西で「ワイシャツ」と同義で、多く使われています。
    → 諸説ありますが、「カッターシャツ」の名称は、創業者の「水野利八」さんのセンスから生み出された造語です。

どうして呼び名が違うの?


  • ワイシャツ: いや、もともとワイシャツなんで……なんのことだか……

  • カッターシャツ:  ボート競技用に作られたシャツかもしれませんが、日露戦争にも「勝った~」ことだし「カッターシャツ」でいきましょうか! ミズノさんは関西の宝ですから!
    → 「ミズノ(= 当時の美津濃)」の本社が大阪にあったことが、やはり関西圏に「カッターシャツ」の名を浸透させた大きな理由となっています。

関東と関西、そんなに呼び方が違うの?


はい、結構違うのです、びっくりするほど違うのです。


以下、統計ですが地域ごとの呼び名を挙げてみます。

  • 積極的に「ワイシャツ」派
    福島 / 茨城 / 群馬 / 東京 / 神奈川 / 長野
  • こだわりの「カッターシャツ」派
    岡山 / 兵庫 / 長崎 / 広島 / 滋賀 / 奈良  / 大阪 / 佐賀 / 岐阜 / 三重 /
     和歌山 / 京都 / 福井 / 山口 / 愛媛

「ワイシャツ」と呼ぶ地域より「カッターシャツ」と呼んでいる地域の方が多いのですね!

ふーん、地域の違いなんだ


そうでもないようです。


「カッターシャツ」と「ワイシャツ」の謎は深いのです!

※使い分けてます!


愛知 / 大阪 / 兵庫 / 福井 / 富山

※え? どこで?


  • ワイシャツ: 前開き・襟が立っているのも・カフスがついているもの / 前立て(シャツで言えばボタンをつける部分のこ
    とです)のついた「シャツ」/ 男性がスーツなどの下に着るもの / 襟とカフスが別につけられるもの(特に京都の方)
  • カッターシャツ: その限りではない、学生服等の下着として着用されるもの

→ 何となくですが「ワイシャツ」の方に正装感が見受けられます。

※「ちょっと休憩」なお話


昔、ワイシャツは完全に下着として使用されていました。

上着があるのが前提ですね。


ワイシャツ(または「カッターシャツ」)の裾が長いのにも理由があります。

女性用の下着(いわゆるショーツ)よりも男性用のパンツ的なものは開発が遅れていました。

1930年代に「ブリーフ」が販売されるまで「シャツの裾を股の位置でボタン留め」て、その代わりとしていたのです。斬新と言えば斬新ですが。


「カッターシャツ」も「ワイシャツ」も……それぞれの名称を与えられ独立していますが、原点はこちらなのです。

この違いって、男性だけ?


う~ん。

今は女性でもワイシャツもしくはカッターシャツを着こなす方もおられるかと思います。


ですが、そもそもは男性用ですね。なにせ元を正せば下着用として作られたものなので……


マニッシュな感じで着こなすのはちょっとかっこいです、憧れます!!

女性用には「ブラウス」。

裾の長くないものが「ワイシャツ・カッターシャツ」の代わりにあります(下着代わりにする必要がありません)。


また、冒頭にも書きましたが「ドレスシャツ」、こちらも「ワイシャツ・カッターシャツ」を紳士用品等でオシャレに呼んだものです。


広告

終わりに…


自由な呼び名が、それぞれのニーズにより定着していく、というのは、何とも楽しい違いを生んでくれますね!


ややこしい! なのですが、選んで服を着るのは大抵「ややこしい」ことのある時。出勤やデートや冠婚葬祭……

家にいるなら、ジャージでもパジャマでもいいのです!


いかがでしたでしょう。


どちらも間違いではない「シャツ」の名称。


明日のシャツ選びが少し楽しみになってきました!

皆様のお役にも、少しは立てていたら嬉しいです!


広告